広島大学大学院 工学研究科

サイバネティクス応用論(松本・小峰・宮田)研究室

English
ロボットへの応用 健康・医療・モビリティ支援への応用 人間特性を反映した製品設計への応用
介護支援,生活支援を行うための支援ロボットの研究を行っています.具体的には,(1)人に酷似したアンドロイドロボットを用いてコミュニケーション面での支援を行う研究,(2)支援を実現するための要素技術(センシング等)の開発,(3)支援ロボットの効果を評価するための技術(生活・業務分析,高齢者を模擬したロボット)等の開発を行っています. 人の体の仕組み(生理学)を解明する研究や,動脈硬化度などの装置開発などを行っています.また,車と家と医療機関とをつなげた新しいシステム作りに取り組んでいます. 人のモデルが製品のCADモデルを利用する様子を計算机上で推定し,操作性を評価することができれば,対象ユーザに合わせた製品を効率よく設計することが可能になります.ここでは,デジタルヒューマンモデルを作り方や,それを使った製品の評価方法などについて研究しています.